逸見政孝さん「がん告白」から26年、その衝撃の大きさと公表の勇気

逸見政孝さん「がん告白」から26年、その衝撃の大きさと公表の勇気

逸見政孝さん

4月30日で「平成」は幕を閉じ、5月1日から新元号へと変わる。結婚、離婚、不倫に訃報、自殺や事件にトラブルと、平成の30年間の芸能史を振り返ってみると、さまざまな出来事があった。平成の幕開けとともに芸能記者となった筆者が見てきた、芸能界の30年間の喜怒哀楽。第5回は「平成5年」。

 平成5年といえば皇太子さまが、当時、外務省のキャリア官僚だった小和田雅子さん(現・皇太子妃の雅子さま)とご結婚された年だ。

 ご成婚のパレードには、約19万2000人が祝福の列をなし、その模様はテレビ中継され、大きなニュースとなった。また、キャリアウーマンからの皇太子妃は海外でも報道され、話題になった。

 スポーツでは、サッカーのプロリーグ「Jリーグ」が開幕。連日スポーツニュースで取り上げられ、小・中学生の憧れの職業が、野球選手からサッカー選手になった時代だ。現在も現役で活躍するキングカズこと、三浦知良率いるヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)がリーグ優勝。カズは初代MVPのほか、日本人初のAFC年間最優秀選手賞に輝き、日本中がサッカーに沸きはじめた。

 その一方、初めてのサッカーW杯を目指すサムライブルーは、イラクとの予選最終戦で終了間近に失点し、本大会出場の夢が消えた“ドーハの悲劇”も経験。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)