山本裕典が約2年ぶりに復帰 2017年に前事務所との契約を終了、表舞台から姿消す

山本裕典が約2年ぶりに復帰 2017年に前事務所との契約を終了、表舞台から姿消す

記事まとめ

  • 2017年に前事務所との契約を終了した山本裕典が約2年ぶりに復帰した
  • 「この2年間、特に後半は堕落した生活を送っていました」と休養中の過ごし方を語った
  • 「オファーをいただいた仕事に向き合っていくのみ」と今後の意気込みも明かした

山本裕典が2年ぶりに復帰! 休養中の思いを語る「本当に無力だった」

山本裕典が2年ぶりに復帰! 休養中の思いを語る「本当に無力だった」

山本裕典 撮影/高梨俊浩

「ゼロからのスタートなので、何も失うものがないし、怖いものもありません。今は一緒に仕事をしたいと言ってくれる方たちの声に応えて、オファーをいただいた仕事に向き合っていくのみ。

 正直、不安はあまりないです。それよりも1日1日が楽しくて、充実感のほうが大きいですね」

 2017年に前事務所との契約を終了。突如、表舞台から姿を消した山本裕典(31)が、約2年ぶりに帰ってきた。「何でも聞いてください」と、以前と変わらない爽やかな笑顔と受け答え。休養中、彼は何を感じ、どんなふうに過ごしてきたのか──。

「この2年間、特に後半は堕落した生活を送っていました(笑)。朝方に寝て、日が沈むくらいに起きて、それからネットで動画を見る。テレビや邦画は避けてました。見れるわけないですよ。

 嫉妬じゃないけど、もどかしい気持ちもあったんだと思います。バラエティーにも女優さんとか俳優さんが出てたらチャンネルを変えたりして、全然見れませんでした」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)