佐藤流司、24歳になり心境に変化「人間が丸くなりました」

佐藤流司、24歳になり心境に変化「人間が丸くなりました」

佐藤流司 撮影/森田晃博

ミュージカル『刀剣乱舞』をはじめとする2・5次元ミュージカルの話題作に多数出演し、絶大な人気を誇る佐藤流司さん。力強い大きな目が印象的なビジュアル、キレのいいダンスや殺陣(たて)とクールな歌声で多くのファンを惹きつけている。

 その勢いは2・5次元にとどまらず、ドラマや映画へも次々出演。今もっとも目が離せない若手俳優だ。

 3月10日からは『愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」』に出演する。今作は日本史を歌詞にしたファンキーな楽曲を歌うアーティスト、レキシの名曲で綴(つづ)られる遊び心たっぷりのミュージカル。佐藤さんにとってもチャレンジの作品で、また新たな顔を見せてくれそう。

「台本を読んだ最初の感想は、けっこうカオスな感じがしました。面白いんですけど急展開が多くて。最初から最後までテンポ感が大事になるだろうし、これはやってみないとわからないなって。

 でも、心がスッキリする舞台になると思います。笑いどころがあり、アクションや立ち回りもありで、観ていて飽きないんじゃないかなと思いますね。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)