小川彩佳アナが“業界の不文律”を無視して「他局の報道番組」にスピード出演できるワケ

小川彩佳アナが“業界の不文律”を無視して「他局の報道番組」にスピード出演できるワケ

小川彩佳アナ、退社後の動向で浮かぶ疑問点とは (c)産経ビジュアル

卒業シーズンがやってきた。

 今年も、局を退社してフリーになるアナウンサーが何人かいる。

 その中でも注目されているのがテレビ朝日の小川彩佳アナだ。2月に結婚・退社を発表したため、“寿退社”と騒がれた。しかし退社の理由は結婚だけではない、と見る向きは多い。

 担当していた『報道ステーション』を降板した小川アナが、反旗をひるがえしたともいえる。そして、退社後はTBSの『NEWS23』のメインキャスターに就任するのではないかという噂が出ていたが、ここに来てほぼ確定と報じられている。

 業界の掟とまでは言わないが、“仁義”として、局アナが退社してすぐに他局の報道番組に出演することはタブーとされている。以前は最低でも1年たたなければいけないとされていた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)