錦戸亮の脱退は不可避か、5大ドームツアーを発表も膨らむ不安と不満

錦戸亮の脱退は不可避か、5大ドームツアーを発表も膨らむ不安と不満

私服で飲食店から出てきた錦戸亮('09年)

昨年は関ジャニ∞の渋谷すばるの脱退&退所、タッキー&翼の電撃解散で今井翼はジャニーズ事務所を退所し、滝沢秀明は芸能界を引退、そして1月末には嵐が活動休止を発表。何かと“お家騒動”が続く同事務所で、今度は関ジャニ∞の錦戸亮がグループを脱退すると『週刊文春』(3月7日発売)が報じ波紋を広げている。

 同誌によれば、事務所との話し合いも何度も行われており、夏までには結論を出すというが脱退は不可避というところまできている状況だという。

「やはり渋谷の脱退がきっかけのようです。錦戸は渋谷が抜けた時点で関ジャニ∞は活動休止か解散すべきだと主張したそうですが、横山裕と村上信五は猛反発。話し合いは平行線だったようです」(スポーツ紙記者)

 そんな中、11日には7年連続8回目となる5大ドームツアーを開催することが発表された。7月14日の札幌ドーム公演を皮切りに9月1〜3日の東京ドーム3日間公演まで、計12公演で55万人を動員する予定。

 通算動員数も今回のツアーで1000万人を突破する。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)