ピエール瀧の逮捕で出演映画 “4月公開作戦” が水の泡、監督のボヤキが再度的中

ピエール瀧の逮捕で出演映画 “4月公開作戦” が水の泡、監督のボヤキが再度的中

ピエール瀧

「3か月先まで収録が終わっているスケジュールで進んでいるんです」(スポーツ紙記者)

 NHK大河ドラマ『いだてん』への影響が注目されている、俳優でミュージシャンのピエール瀧(51)容疑者の“コカイン逮捕”。

「やっと公開にこぎつけられるあの映画に、こんな試練が待っていたとは……」と映画関係者ががっかり肩を落とす作品がある。

 4月5日に公開が予定されている俳優の斎藤工(37)主演の映画『麻雀放浪記2020』だ。同容疑者が「元五輪組織委員会・会長」役で出演しているため、

「通常の判断では公開延期が妥当。つい先日、俳優の新井浩文が強制性交で逮捕・起訴された際も、出演映画の公開が見送られましたからね」(前出・映画関係者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)