新しい地図がきっかけ!? 平成29年11月3日で「テレビが終わった」と人気P

新しい地図がきっかけ!? 平成29年11月3日で「テレビが終わった」と人気P

『72時間ホンネテレビ』では、3人が3日間ブッ通し生配信に挑み、大反響を呼んだ

TBSテレビで『中居正広の金曜日のスマたちへ』『オトナの!』などの番組を手がけてきた、バラエティプロデューサーの角田陽一郎さん。平成のバラエティーについて振り返るとき、「アメリカ同時多発テロ事件が発生した2001年(平成13年)9月11日は大きなターニングポイントでした」と強調する。

「それまでは『電波少年』の成功にならうように、『ガチンコ!』をはじめとしたリアルな雰囲気を重視するドキュメントバラエティーが人気でした。ところが、ビルに飛行機が突っ込むという映画のような出来事が現実社会で発生したことで、“なんちゃってリアル”が通用しなくなった。

 当時、僕は『金スマ』を立ち上げる準備をしていてドキュメントバラエティー路線を視野に入れていたのですが、9・11を見て、その考えを改めたほどです」

 角田さんの直感は的中する。翌年になると、『進ぬ!電波少年』『ガチンコ!』の視聴率は低下し、両番組とも次々と終了。かわりに台頭したのが、『トリビアの泉』('02年)『Qさま!!』('04年)といった情報・クイズ系のバラエティーだった。

「視聴者がテレビにストーリーを求めなくなった。9・11の衝撃的な映像を見たあと、テレビがつくるリアルを見ても冷めてしまうだけ。一方、身近な知識や役立つ情報などには抵抗感が少ない。'11年の東日本大震災によって、その傾向は決定的なものになったと思います」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)