中村獅童が荒川良々との寿司デートでみせた「20年来の距離感」

中村獅童が荒川良々との寿司デートでみせた「20年来の距離感」

中村獅童

「お前は学校の先生になるとか? とつけむにゃあ!」

 NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で、主人公の金栗四三の兄である金栗実次を熱演中の中村獅童。

「実次は、金栗家を支える大黒柱という役どころ。第7回で、お金に困る四三のために熊本から上京するシーンは大きな感動を呼び、“実次さんの男気に泣いてしまった”との声があがりました」(テレビ誌ライター)

 3月上旬、強烈なインパクトを残した号泣シーンから一転、クールな姿が都心の飲食街にあった。

 グリーンのブルゾンにピンクのTシャツ、黒のジョガーパンツというロックなスタイルで人混みをどんどん歩く獅童。そして、その後を追うように急ぎ足で歩く荒川良々の姿が。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)