“ピエールの代役”とは言わせない、三宅弘城は『いだてん』現場でもムードメーカー

“ピエールの代役”とは言わせない、三宅弘城は『いだてん』現場でもムードメーカー

三宅弘城、NHK特集ドラマ「眩〜北斎の娘〜」試写会にて

大河『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK)で、麻薬取締法違反(コカイン使用)の疑いで逮捕されたピエール瀧容疑者に代わって三宅弘城が足袋店「播磨屋」の店主を演じる。

 「播磨屋」の足袋職人・黒坂辛作は主人公・金栗四三(中村勘九郎)をサポートし、競技用のシューズを開発するという重要な役どころだ。

 三宅は『いだてん』の脚本家・宮藤官九郎や阿部サダヲと同じ「大人計画」に所属する演技派で、2015年後期の連続テレビ小説『あさが来た』(NHK)にも出演、大ブレイクした。

「『あさが〜』では加野屋の中番頭・亀助を演じていましたが、のちにスピンオフドラマの主役を務めるほどの人気でした。共演した玉木宏とはプライベートでも仲がよく、現場ではムードメーカー的存在で、いつも場を和ませていたといいます」(テレビ誌ライター)

 劇団「ナイロン100℃」の看板俳優でもあり、ロックバンド「グループ魂」のドラム担当としても知られているが、『木更津キャッツアイ』や『怪物くん』の“おまわりさん”としても親しまれている。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)