一橋大名誉教授が語る、児童相談所が「いらない」理由と裏にある「児相利権」

一橋大名誉教授が語る、児童相談所が「いらない」理由と裏にある「児相利権」

※写真はイメージです

児童相談所のおかれている現状に理解を示す声は大きい。いわく、人手不足、権限がない、予算が足りない。ないないづくしだから機能しないのは当たり前だという。本来は子どもの立場で考えるべきであって──。《取材・文/山嵜信明》

「いま、児童相談所(以下、児相)のあり方に対する論議が巻き起こっています」

 と一橋大学の水岡不二雄名誉教授(68=経済地理学)は切り出す。

 きっかけは今年1月、千葉県野田市の小学校4年生・栗原心愛(みあ)ちゃん(10)が父親から暴行を受けて虐待死した事件だった。心愛ちゃんをいったんは児相が預かり、両親のいる自宅に帰せば虐待の危険性が高いと認識していたにもかかわらず、自宅に戻すという不手際があったからだ。

 児相は、児童福祉法に基づき、都道府県や政令指定都市など全国69自治体で計212か所に置かれている。虐待だけではなく、障害や不登校、非行などの相談に乗る施設である。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)