萩原健一さんを支えた理加夫人、手作り弁当にお揃いマフラーの夫婦愛

萩原健一さんを支えた理加夫人、手作り弁当にお揃いマフラーの夫婦愛

萩原健一

“ショーケン”の愛称で知られる歌手で俳優の萩原健一さん(本名・敬三)が3月26日、都内の病院で、消化管間質腫瘍(ジスト)のため亡くなった。68歳だった。萩原さんは2011年に消化管間質腫瘍と診断され闘病生活を送っていたが、本人の強い希望で病名を公表することは控えていたという。

 18日に亡くなった内田裕也さん(享年79)の訃報に際しては「近々、企画書を持って裕也さんと共演することを楽しみにしていました。非常に残念です」と追悼していた。亡くなる2日前には妻の理加さんとスポーツジムでバランスボールに座ってトレーニングをするなど元気な姿も見せていた。

「翌日の25日に自宅で倒れ、都内の病院に救急搬送されましたが、翌26日午前10時30分、理加さんにみとられ静かに息を引き取ったそうです。故人の遺志に従い、葬儀は家族葬で営まれ、お別れ会や偲ぶ会などの予定は今のところないそうです」(スポーツ紙記者)

 GIST(ジスト)は胃や小腸など消化管の壁にできる。転移や再発を起こす悪性腫瘍の一種で、疫学調査では10万人に1〜2人の割合しかない希少がんの一つ。

「腹痛や腫瘍からの出血や下血や貧血が起こり、治療は切除手術や抗がん剤などが用いられるそうですが、萩原さんも切除手術を行ったそうです」(同前)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)