稲垣吾郎が抱くファンへの思い「どうしても振り回しちゃいますよね」

稲垣吾郎が抱くファンへの思い「どうしても振り回しちゃいますよね」

稲垣吾郎 撮影/廣瀬靖士

『週刊女性』で連載中の自身が主演の小説『ロストマン ロンリーハート』が大反響。現在は『新しい地図』のファンミーティングのため草なぎ剛、香取慎吾とともに全国を飛び回り多忙を極める稲垣吾郎(45)が、今度は舞台『LIFE LIFE LIFE 〜人生の3つのヴァージョン〜』に挑む!

 4人のキャスト&演出家は’06年に上演された『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』以来、13年ぶりとなる顔合わせ。

「あのときと同じメンバーで別の作品をやるというのが、とても不思議な感じです。当時、みんなで共有した感覚を今でもハッキリ覚えていて。またそれを味わえるかと思うと、すごく楽しみです」

 当時はまだ32歳。その成長ぶりを聞いてみると、

「それ、すごい聞かれます(笑)。僕、あまり“人生は成長”みたいには考えてなくて。ずっとそのときがベストだと思ってやっているんです。昔の自分がダメだったとは思いたくないし、将来の成功のために苦しむのも好きじゃない。常に“今”なんです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)