高橋一生が歌手デビュー、かつては織田・反町・栄作も “人気俳優” はなぜ歌う

高橋一生が歌手デビュー、かつては織田・反町・栄作も “人気俳優” はなぜ歌う

歌う俳優(高橋一生、織田裕二、吉田栄作、反町隆史)

俳優の高橋一生が、4月13日スタートの主演ドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系)の主題歌『きみに会いたい-Dance with you-』で歌手デビューする。曲はエレファントカシマシ・宮本浩次によるもので、プロデュースも宮本が行う。

「本格的な歌手デビューは今回となりますが、歌声を披露する機会は、実はこれまでにもたくさんあったんです」

 と、あるドラマ評論家は言う。

「印象深いのは、2017年に放送されたドラマ『カルテット』(TBS系)の主題歌『おとなの掟』ですね。松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平と主演4人で椎名林檎が作った曲を歌いました。高橋は、松や満島といった歌手経験がある女優に負けない表現力で、好評でした。

 さらに古いところでは、松山ケンイチ主演の映画『デトロイト・メタル・シティ』なんかでも少し歌ったりしています」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)