ダンディ坂野「ゲッツ!」誕生の背景にあった“仲間からの意外な助言”

ダンディ坂野「ゲッツ!」誕生の背景にあった“仲間からの意外な助言”

ダンディ坂野さん 撮影/北村史成

ついに2019年4月末で平成の時代が終わる。平成の世を彩り、輝きを放ったスターはそのとき何を思い、感じていたのか? 当時と今、そしてこれからについてインタビューで迫っていくこの連載。4回目はお笑いタレントのダンディ坂野さんです。

 テレビであまり見かけなくなったと巷(ちまた)ではささやかれるが、そんな心配はご無用! 黄色い衣装に身を包み「ゲッツ!」でおなじみの、ダンディ坂野さん。

 現在はCM10本、営業が年間約60本、地方の番組やイベントを通して今なお活躍し続けている。「ゲッツ!」というわかりやすくキャッチーなフレーズ一本で活躍し続ける芸人さんもなかなかいないのでは。

 平成を代表する国民的ギャグ職人と言えると編集部が勝手に判断し、『平成』という時代、そして、これからの時代について語ってもらった。

 そもそもお笑い芸人を目指すきっかけはなんだったのだろうか。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)