白鵬の「平成最後の三本締め」問題、相撲協会と横審には99%の疑問しかない

白鵬の「平成最後の三本締め」問題、相撲協会と横審には99%の疑問しかない

白鵬

3月24日に千秋楽を迎えた平成最後の大相撲三月場所は横綱・白鵬が42回目の優勝、しかも34歳での全勝優勝という偉業を成し遂げた。しかし、その優勝のインタビューで白鵬が三本締めをしたことが問題になっている。

 横綱審議委員会の矢野弘典委員長が「手締めというのは行事が全部終わった後にやるもの。優勝し、横綱といえど一力士としてそういうことをやれる立場なのかという疑問」と、優勝翌日に開かれた委員会で発言した。

 委員長はさらに「話題になり、いろいろな意見が出ましたが、違和感を覚える人が多かった」「優勝した横綱といえども、そういうことをやれる立場なのかという疑問がある。会場中が手拍子でいっぱいになってビックリしました」などと発言したそうだ(日刊スポーツより)。

 これを受けて相撲協会は白鵬と師匠の宮城野親方を呼び、事情を聞くと、白鵬は「平成最後(の場所)を盛り上げたかった」と答えて謝罪した。しかし相撲協会は今回のことを「コンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)に問題の調査などを委嘱すること」を決めたという。

「相撲協会のコンプライアンス規定では、第5条『違反行為』の第7項に『土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為』と定めている。まずは違反行為にあたるかどうかを判断したうえで、違反行為だった場合は処分についても検討する。八角理事長(元横綱・北勝海)はコンプライアンス委員会からの答申を受け、臨時理事会で審議する」(読売新聞より)のだとか。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)