3つ子の育児に疲れ果て次男殺害、母に寄せられた「同情の声」と「厳しい批判」

3つ子の育児に疲れ果て次男殺害、母に寄せられた「同情の声」と「厳しい批判」

事件があったマンション。周辺は住宅街だが近隣との付き合いはほとんどなかったようで……

執行猶予はつかなかった。

 2018年1月11日、愛知県豊田市の自宅で、母親が3つ子の次男(生後11か月)を床に叩きつけて死亡させた事件。傷害致死の疑いで逮捕された松下園理被告(30)に対する裁判員裁判の判決が3月15日、名古屋地裁岡崎支部で言い渡された。

 懲役3年6か月の実刑判決。

 裁判で明らかになったのは、3つ子を育てる負担の重さだった。授乳・ミルクは1日で3人合わせて最低でも24回。しかも時間はバラバラ。おむつ交換も同様で、睡眠時間はたったの1時間というありさま。まともな判断力を失う中で、3つ子の中で成長が遅く、ミルクの吐き戻しも多い次男を疎ましく思うようになっていった。

 やがて訪れる限界……。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)