モー娘。低迷期に“不安ゼロ”だった市井紗耶香が、あの頃の自分に言いたいこと

モー娘。低迷期に“不安ゼロ”だった市井紗耶香が、あの頃の自分に言いたいこと

市井紗耶香

今でこそAKB48をはじめ数多くの女性アイドルグループが活躍しているが、平成初期はバラドルやグラドルがアイドルの中心だった時代。キャンディーズ、松田聖子のような国民を虜にするアイドルは不在だったため、'90年代は“アイドル冬の時代”といわれていた。

「とにかく目まぐるしかったですね。当時は、ブームを作っていたなんて自覚はなかったです」

 こう微笑むのは、モーニング娘。の元メンバー、市井紗耶香。売上枚数160万枚を超える『LOVEマシーン』の大ヒットにより、一躍、国民的グループとしてブレイク。新メンバー加入、シャッフル、卒業というシステムで今に続く平成アイドルの礎を築き、冬の時代に終止符を打ったアイドルグループとして活動していた。

「私は、ドリカムの吉田美和さんに憧れてオーディションを受けました。いつか同じステージに立てたらなって。アイドルになるというより、歌手になるんだって思っていたので、当時はアイドルがどういう存在なのか理解してませんでした(笑)。活動を続けていく中で“これがアイドルなんだ!”って学んでいく感覚でしたね」

 市井は保田圭、矢口真里とともに第2期メンバーとして、平成10年5月にモーニング娘。に加入。ところが、『抱いてHOLD ON ME!』以降、3作連続で売上枚数が下がっていったことに加え、同時期の女性ユニットSPEEDが大ブレイク。不安はなかったのか?

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)