容疑者はまるで「プロの空き巣」のよう、剣道少年が殺人鬼になるまで

容疑者はまるで「プロの空き巣」のよう、剣道少年が殺人鬼になるまで

中学時代の松岡容疑者

「きゃーっ、助けてー」

 女性の悲鳴が聞こえてきたとき、同じ敷地内に住むアパートオーナーの男性はすぐさま家を飛び出した。悲鳴の出どころを確認すると2階のベランダでもみ合いになっている男女の姿があったという。

「外に出たとき、携帯電話を持っていませんでした。女性は悲鳴を上げ続けていたので早いほうがいいだろうと思って、ちょうどその場で郵便局員も騒動の様子を目撃していたので、携帯持っていますか? と聞いて110番通報してもらいました」

 東京・杉並区のアパートで3月26日昼、乳児院に勤める保育士の照井津久美さん(32)が刺され、殺害された。

 捜査関係者は、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)