過労死の31歳女性記者は携帯握りしめ他界、両親の無念すぎる悲劇の全幕

過労死の31歳女性記者は携帯握りしめ他界、両親の無念すぎる悲劇の全幕

佐戸未和さんはNHKで東京都政の取材を担当していた=遺族提供

働きすぎが原因で命を落としてしまう「過労死」。これはもちろん、男性に限った問題ではありません。仕事に前向きに、全力で取り組んできた女性たちも、とても残念なことに命を落としてしまっています。

 私はこのほど、過労死遺族のルポルタージュを刊行しました(牧内昇平=著『過労死 その仕事、命より大切ですか』ポプラ社)。その中から、31歳の若さでこの世を去った日本放送協会(NHK)の女性記者、佐戸未和さんのことを紹介します。

「東京選挙区。5つの議席をめぐって、選挙戦は激しさを増しています」

 2013年7月に行われた参院選の投開票5日前、ニュースで放送された選挙区レポートだ。佐戸未和さんの丸みを帯びた声が、少し緊張ぎみに候補者たちを紹介していた。

 この夏、連日30度を超える猛暑の東京で、未和さんは選挙の取材に走り回っていた。入社9年目。一橋大学の法学部を卒業して2005年にNHKに入った。鹿児島放送局で5年間経験を積んだ後、2010年に東京の首都圏放送センターに異動し、東京都政の取材を担当した。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)