桜田通が、シャンプーボトル3本で気づいた“完璧じゃない”自分

桜田通が、シャンプーボトル3本で気づいた“完璧じゃない”自分

桜田通 撮影/坂本利幸

新宿武蔵野館が連日満席となる公開中の映画『ラ』に主演した、桜田通(27)にインタビュー。タイトル『ラ』には、「全世界共通の赤ちゃんの産声の音」「オーケストラが音を合わせる基準音」など、“始まり”という意味が込められている。監督、キャスト、スタッフ、全員の熱い想いが込められている作品のこと、そして、27歳の“今”だからこそ紡ぐ言葉で、彼自身について聞いた。

――まず、タイトルが『ラ』と聞いた印象は?

「何のことだろう? っていうのがいちばん最初の感想でした。きっとみなさんもそうだと思うんですけど(笑)。“始まり”という意味が、その一文字で表されていると知ってようやく腑に落ちました。台本を読んだときから、この映画で伝えたいことやメッセージ性を強く感じていたので、それを意識して撮影に臨みましたね」

――桜田さんが演じた“岡浜慎平”が、解散してしまったバンドの再結成を夢見て、友情や恋愛、生き方を見つめ直す物語となっていますが、これまで出演してきた作品とは“違う”と感じた部分はありましたか?

「映画やドラマ、舞台も、それぞれ作り出す人たちには熱量があると思いますが、この『ラ』に関しては、人の気持ちにフォーカスして描いているぶん、楽しいエンターテイメントの作品とは違うなと思っていました。撮影期間は、登場人物の“苦しい部分”を背負って生きた、貴重な時間でした」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)