松坂桃李、30歳の恋愛観「ひとりの大人として、いい恋愛をしていきたい」

松坂桃李、30歳の恋愛観「ひとりの大人として、いい恋愛をしていきたい」

松坂桃李 撮影/伊藤和幸

「車イス生活を送っている役なので、お借りして実際に乗って家で過ごしてみたんです。乗った瞬間、世界がちょっと変わった気がしましたね。スロープがいかにありがたいか……。そもそも目線も違うし、落としたものもとれない。本当にわずかな段差にも勇気がいるんです」

 新ドラマ『パーフェクトワールド』で下半身が不随となった主人公・鮎川樹を演じる松坂桃李(30)。障害という難しいテーマを扱ったラブストーリーとなるが、

「見ていて苦しくなる描写もあると思うんですが、それだけだと見ている方はつらくなってしまうので。メリハリをつけて、伝えなければならないことはちゃんと伝えて、楽しめるところは思い切り楽しんでいきたいです」

 と笑顔を見せる。実は、松坂が連ドラで純粋なラブストーリーに挑むのは今回が初。

「純粋と言っても、学園ものとは全然違います。僕は特に働いているカップルに見てほしいなと思っていて。身体の障害だけではなく、大人の恋愛って乗り越えなければならない試練みたいなものがけっこう出てくるじゃないですか。いわゆる“夢”だけでは恋愛できないし、相手のことはもちろん、相手のその先、周りのことも考えざるをえない。そういう人たちにとって、何か励みになる作品になればいいなと思っています」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)