小林よしのりが今、『おぼっちゃまくん』の続編を描くワケ

小林よしのりが今、『おぼっちゃまくん』の続編を描くワケ

小林よしのり 撮影/坂本利幸

「ともだちんこ!」などの“茶魔語”で、子どもたちに大ブームを巻き起こした小林よしのりさんの『おぼっちゃまくん』が、なんと、大人向けバージョン『新・おぼっちゃまくん』として帰ってきた!

 1984年に「月刊コロコロコミック」で連載が開始されたおぼっちゃまくん。アニメ化もされて、当時の子どもたちの大人気コンテンツとなった。

 そんなおぼっちゃまくんで育った世代も、今や30〜40代になる。

「出版社に届くアンケートハガキのほとんどが、30〜40代の女性からで意外でしたね。わし、もしかしてモテ期? なんて思ったりして……(笑)。“ともだちんこ”なんて言っていたから、てっきり女子からはイヤがられているもの、と思っていました」

 恥ずかしがっていたはずの女子も、今や「おぼっちゃまくんが好き!」と堂々と声に出して言えるほどに成長し、再来を待ちわびていたのだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)