「希望は、戦争」のロスジェネ論客がいま語る《希望は、AI》

「希望は、戦争」のロスジェネ論客がいま語る《希望は、AI》

赤木智弘さん

格差社会が時代のキーワードとなった2007年に、評論集『若者を見殺しにする国 私を戦争に向かわせるものは何か』を著したライターの赤木智弘さん。同書のなかで最も注目されたのは「希望は、戦争」というフレーズだ。就職氷河期世代の叫びとして注目を集めた。

 景気のよしあしは選べず、どのタイミングで高校や大学を卒業するのかは運まかせ。それが就職氷河期と重なった赤木さん世代は、まさに「はずれくじ」を引いた。平成が終わり令和が始まろうとするいま、あらためて、赤木さんとともに非正規の「希望」を考えてみた。

 赤木さんは小学校のときは教師の言うことを聞かない「問題児」だったが、中学校のころは将来について特に考えることなく、レールに乗っていた。ただ、高校2年のころから不登校傾向になり、最低限の単位だけを取り卒業。

「この時点で将来は不安でしたが、勉強する気もなく、大学受験もしませんでした」

 卒業後、栃木県から上京するものの、すでにバブルは崩壊。景気後退のタイミングで社会に出ることになる。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)