乳腺外科医のわいせつ裁判で無罪判決、被害女性が涙の反論

乳腺外科医のわいせつ裁判で無罪判決、被害女性が涙の反論

「外科医師を守る会」では、佐田医師が登場すると盛大な拍手で迎えた

「セカンドレイプは本当にきついです。だけど泣き寝入りしたくない。未来の世代のためにも性被害にあった被害者はきちんと声を上げていかなくてはいけない」

 被害者の純子さん(仮名・34)は、インターネット上で“ウソつき”呼ばわりされるなど逆風吹き荒れる中、控訴審での逆転有罪判決を信じて、そう話した。

 2016年5月10日、純子さんは東京・足立区の柳原病院で右胸の乳腺腫瘍を摘出する手術を受けた後、執刀した乳腺外科の男性医師・佐田氏(仮名・43)に手術していないほうの胸を舐められたなどと被害を訴えた。

 準強制わいせつ罪で起訴された佐田医師に対し東京地裁(大川隆男裁判長)は2月20日、無罪判決(求刑懲役3年)を言い渡した。東京地検は3月5日、判決を不服として東京高裁に控訴。決着は先送りとなった。

 '16年8月25日の逮捕直後、現場となった柳原病院はホームページ上で《警視庁による当院非常勤医師逮捕の不当性について抗議する》と声明を発表。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)