“殺人ドッキリ” で書類送検、SNSの承認欲求が暴走する若者たちの大罪

“殺人ドッキリ” で書類送検、SNSの承認欲求が暴走する若者たちの大罪

写真右側の木の近くで2人組がもめている様子。この後に刃物で刺したかのような動きをして、片方が地面へと倒れる様子が映っている(ツイッターより)

“殺人ドッキリ”

 やらかした張本人らは、自分たちが仕掛けた動画を、そう軽い感じで呼ぶ。

 3月15日、ツイッターに、衝撃的な動画が投稿された。

 その映像は“2人の男性らしき人影。揉み合った末にひとりがもうひとりを刺すような”内容。そこに女性の怯えるような声が「えっ、ウソでしょ……」とかぶさる。さらに書き込みが拍車をかける。

 “みんなにお願いがあります。この動画拡散してください。この人が倒れた後にすぐに通報しました。ナイフか何かの刃物で刺されたみたいです。犯人はまだ捕まっていません”

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)