1日の生活費は「677円」と判明、いまどき女子大生の貧困リアル事情

1日の生活費は「677円」と判明、いまどき女子大生の貧困リアル事情

原田恵さん(仮名、左)と多田葵さん(同右)は就活にも追われ忙しい日々を送る

1日当たりの生活費はわずか677円!

 親元を離れて暮らす首都圏の私立大学生が、新たな貧困層になりつつあるという。

「厳しい実態が浮き出たと思います。ただ、ここまで厳しいとは本当に衝撃的でした」

 調査結果を発表した東京私大教連(東京地区私立大学教職員組合連合)の担当者も、ショックを隠さない。

 2018年度に首都圏の私立大学14大学に入学した新入生の家庭を対象にしたアンケート調査結果は、入学後に出費が落ち着く6月以降の毎月の仕送り平均額は8万3100円で調査開始以来、過去最低になったことが明らかに。そこから家賃を除いた生活費は2万300円で、1日当たり自由になるお金は677円。ピークだった1990年度が2460円だから差は歴然としている。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)