氷川きよし、赤と白のスーツで「“ひとり紅白歌合戦”みたいになってます(笑)」

氷川きよし、赤と白のスーツで「“ひとり紅白歌合戦”みたいになってます(笑)」

氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

桜の季節恒例! 東京23区を23年かけてまわる、長良グループ『夜桜演歌まつり』。20回目となる今年は、杉並区にて。

「こんにちは! 氷川きよしでございます。今日は、白でもあるし、紅でもあるような衣装を着てて、“ひとり紅白歌合戦”みたいになってますけど(笑)」

 2つを混ぜたら桜色♪ 赤と白のコントラストがまぶしいスーツで、きよしくんが登場すると、ステージは一気に華やいだ。

「デビュー当時から出させていただき、20回目。山川豊先輩の『夜桜』という曲があったからこそ、この大会ができたんですよね」

 と、先輩を立てたきよしくんだったが、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)