1話で3人の女性がキスしている回も!? こだわりは「キスに至るまでのプロセスの描き方」

1話で3人の女性がキスしている回も!? こだわりは「キスに至るまでのプロセスの描き方」

ドラマ10「ミストレス〜女たちの秘密〜」
4月19日スタートNHK総合金曜夜10時〜(連続10回)

イギリスの人気ドラマを日本版にリメーク。4人の女性たちが繰り広げるラブストーリーとサスペンスを描いた作品でオリジナル版のドラマ10『ミストレス〜女たちの秘密〜』(4月19日スタート NHK総合 金曜夜10時〜)のこだわりと見どころをプロデューサーに直撃!

 イギリスでシーズン3まで制作された人気ドラマ『Mistresses』の日本版。ロシア、スロバキア、韓国など世界各国でリメークされ、アメリカではシーズン4まで制作された人気作で人には言えない秘密を抱えた女性たちがそれぞれの愛を求めてもがいていくさまを描いている。4人の女性を演じるのは長谷川京子、玄理、大政絢、水野美紀。

 ドラマは、5年前にマラソン大会で知り合って以来、女子会を楽しむ4人の四者四様の人間模様が描かれる。

 医師の香織(長谷川)は不倫関係だった患者の死について彼の息子(杉野遥亮)から疑いの目を向けられる。シングルマザーの友美(水野)は7年ぶりの恋の予感にときめく。キャリアウーマンの冴子(玄理)は仕事か妊活かで夫(佐藤隆太)とすれ違い。恋多き女の樹里(大政絢)は、ある女性との出会いで変化が……。

「人間ドラマをしっかり描いていながら、サスペンスやラブストーリーの面白さもある原作に魅了されました。制作が決まって最初に考えたのは、どうやって日本版に置き換えるか、でした」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)