元夫をハンマーと熱湯で殺害、離婚後も同居し続けた女の「超凶暴素顔」

元夫をハンマーと熱湯で殺害、離婚後も同居し続けた女の「超凶暴素顔」

現場アパートでは警察が現場検証を行って

「逮捕されたときのような短髪ではなく、昔はふくよかで、髪も長くて後ろで縛っていました。足は悪かったようで、引きずっていましたね」

 事件現場の近所に住む50代の主婦は、パトカーで連行される容疑者の姿に、かつての面影がないことに驚いた。

 警視庁三鷹署は14日、殺人容疑で無職・秋山朝子容疑者(55)を逮捕した。

 被害者は元夫の秋山均さん(60)。その手口が残忍で、

「床で寝ていた均さんを注意したが布団で寝ないため腹が立ったと、動機を供述しているそうです。ハンマーで頭を殴った後、給湯器で沸かした熱湯をかけた。均さんの遺体には、皮膚がめくれるほどのヤケドがあったようです」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)