太田光、話題を巻き起こす“発言”の真意「これでも一応、気を遣っている」

太田光、話題を巻き起こす“発言”の真意「これでも一応、気を遣っている」

太田光 撮影/佐藤靖彦

『東映まんがまつり』
4月26日(金)全国ロードショー

『おしりたんてい』『爆釣バーハンター』『うちの3姉妹』『りさいくるずー』と、大人気のアニメが豪華4本立て! 太田は『おしりたんてい』に出演。「事件の解決になるヒントをみんなで探したり、見ている人が作品に参加できるのが面白いですね。子どもたちには、ライバル(ほかのお客さん)に負けないように、頑張ってほしい!」(太田)



(C)Troll/POPLAR (C)2019東映まんがまつり製作委員会



「アフレコの日、自分なりに声のキャラを考えて現場に入ったんです。でも監督が思っていたものとは違ったみたいで。“(かすれ声で)俺だよぉ。スケキヨだよぉぉぉ”って声を出したら、監督からやめてくださいと言われました」

 爆笑問題の太田光(53)が、映画『おしりたんてい カレーなるじけん』のゲスト声優に! 冒頭から暴走が止まらぬ太田だが、今回、29年ぶりに復活となる『東映まんがまつり』には並々ならぬ思いがあるようで“ずっと待ってた!”と表情を変える。

「子どものころの春休み、夏休みのいちばんの楽しみと言えばコレ。僕は埼玉に住んでたから、お母さんに池袋の劇場に連れてってもらって。帰りにはお子様ランチを食べて帰ったのがいい思い出。『長靴をはいた猫』『海底3万マイル』などを見ましたね」

 そんな太田は『爆チュー問題』など、これまで子ども向け作品に携わってきたが、

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)