82歳の男が71歳男性を撲殺、隣同士に住む “残された妻たち” の居づらさ

82歳の男が71歳男性を撲殺、隣同士に住む “残された妻たち” の居づらさ

被害者の男性は発見時、側溝にうつぶせの状態ではまっていた

「たまたま現場を通りかかった通行人の方が”バットで人を殴っている人がいて、頭から血を流している人がいるから早く来てほしい”と110番通報があった。4月12日午前11時42分のことです」

 と捜査関係者。警察官が現場に駆けつけ、通報者に事情を聞いたところ、「この家に入りました」と容疑者宅を指さしたという。

「警察官が自宅に入ると、犯人は玄関内で座っていて、近くに血のついた金属バットが置かれていたため、“あなたがやったのか”と聞いたところ“私がやりました”と認めた。パトカーに乗せてそこで現行犯逮捕となった」(前出・捜査関係者)

 犯行現場は、大阪市茨木市の住宅地の路上。前出・捜査関係者が続ける。

「被害者は側溝にうつぶせではまっているような状態だった。いちばん激しく傷ついていたのは後頭部。後ろから殴ったようだ。うつぶせに倒れた状態で、なおも何度も殴ったとみられている」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)