大人もハマる!平成最後&令和最初、新時代の「スーパー戦隊」の世界

大人もハマる!平成最後&令和最初、新時代の「スーパー戦隊」の世界

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(左から)リュウソウブルー/メルト役 綱 啓永、リュウソウピンク/アスナ役 尾碕真花、リュウソウレッド/コウ役 一ノ瀬 颯、リュウソウグリーン/トワ役 小原唯和、リュウソウブラック/バンバ役 岸田タツヤ

スーパー戦隊シリーズといえば、イケメン俳優たちの登竜門。照英、永井大、玉山鉄二、塩谷瞬などの歴代俳優をはじめ、近年活躍が目覚ましい千葉雄大、松坂桃季、竜星涼、志尊淳、横浜流星、中尾暢樹など若手俳優がずらりと並ぶ。女性戦士を演じた、さとう珠緒、長澤奈央、高梨臨、逢沢りな、飯豊まりえなど女優陣も大活躍している。

 今回のリュウソウジャーの5人もまた個々の可能性を伸ばしながら身体を張って熱演中。大きく成長していく彼らに今のうちから注目!

 “勇猛の騎士”リュウソウレッドを演じている一ノ瀬颯。昨年、大学の入学式の日にスカウトされて、あれよあれよという間に見事にレッド役を射止めた。

「次のオーディションの打ち合わせで事務所に行ったときに、レッドが決まったと言われて……。落ちたと思い込んでいたので、びっくりしました。しばらくは実感がなくて朝、目覚めるたびに“本当にレッド? もしかして夢?”と何度も確認していました。

 放送が始まり“レッドですよね”と声をかけてもらえるようになって、実感しています。受かったときもうれしかったけれど、声をかけてもらえるのは本当にうれしい。頑張らなければと、モチベーションも上がります」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)