松下洸平が振り返る宝物のような時間「伝わっているなという実感はありました」

松下洸平が振り返る宝物のような時間「伝わっているなという実感はありました」

松下洸平 撮影/佐藤靖彦

今、演劇界でもっとも勢いのある若手俳優として注目の松下洸平さん。2018年に出演した舞台『母と暮せば』とミュージカル『スリル・ミー』での演技が高く評価され、第26回読売演劇大賞 優秀男優賞と杉村春子賞などを受賞した実力派だ。

「受賞を最初に知ったときは、喜びよりもやはり驚きのほうが先にきてしまって。賞をいただく瞬間って、両手を上げて“やったー!”って叫ぶのかなってイメージしていたんですけど、あまりのことの重大さにしばらく呆然と立ちすくんでしまった自分がいました。

 お客様の中で特別なものとして残り続けるいい作品を作るためだけに専念してその結果を認めていただけて、ご褒美じゃないですけど、このような名誉ある賞をいただけたのは本当にうれしいですし、これからの自分にとってすごく大きな糧になると思います」

 穏やかな口調で受賞の喜びを謙虚に語る松下さんだが、今回の受賞の対象となった2作品には手ごたえがあったと話す。

「『母と暮せば』は、見に来てくださった関係者の方がみなさん泣きながら楽屋に挨拶にいらっしゃって。そういう経験は初めてでしたけど、伝わってるなという実感はありました。客席もすすり泣く声はすごく多かったですね。演出の栗山(民也)さんが、あくまでもここはあの70年前の長崎のある一家のお話であるから、母と息子の2人だけで会話してとおっしゃって。お客さんを意識したお芝居はしないでねと。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)