大スターだらけの『やすらぎの刻〜道』、多少のNGでも芝居を続ける理由

大スターだらけの『やすらぎの刻〜道』、多少のNGでも芝居を続ける理由

『やすらぎの刻〜道』

倉本聰脚本、石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこら往年のスターが競演し、好評だった昼の帯ドラ『やすらぎの郷』の続編、『やすらぎの刻〜道』(テレビ朝日系・月曜〜金曜昼12時30分〜)。新たなメンバーが加わった人間模様と、劇中劇『道』の2つのドラマで描く誕生秘話、撮影舞台裏とは―。

 2017年4月から半年間放送され、好評を博した倉本聰脚本『やすらぎの郷』の続編で、1年間放送する。

 芸能の世界に貢献した人しか入居できない特別な老人ホーム『やすらぎの郷』を舞台に、石坂浩二扮する主人公の脚本家・菊村栄が、そこで暮らす往年のスターたちのさまざまな騒動に巻き込まれ、人間模様を見つめてきた。

 出演は浅丘ルリ子、加賀まりこ、上條恒彦、藤竜也、風吹ジュン、ミッキー・カーチス、山本圭ら前作のメンバーに加え、いしだあゆみ、大空眞弓、丘みつ子、笹野高史、ジェリー藤尾、松原智恵子、水野久美ら7人が新入居者として登場する。

「倉本先生はそれぞれのキャラクターをあて書きするので、役者さんのプライベートと重なるエピソードが登場することがしばしばあります。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)