演歌歌手・氷川きよしが誕生するまでの、おじいちゃん先生との心温まるエピソード

演歌歌手・氷川きよしが誕生するまでの、おじいちゃん先生との心温まるエピソード

氷川きよし 撮影/廣瀬靖士

ついに2019年4月末で平成の時代が終わる。平成の世を彩り、輝きを放ったスターはそのとき何を思い、感じていたのか? 当時と今、そしてこれからについてインタビューで迫っていくこの連載。8回目は演歌歌手の氷川きよしさん(41)です。

 ’19年4月30日をもって、31年にわたる“平成”が幕を閉じる。平成が生んだ国民的演歌歌手は、時代の岐路に何を思い、どんな展望を抱いているのか?去りゆく時代を振り返る。

 きよしくんはデビュー以来、年に2枚のシングルをリリースしていたが、デビュー7年目の平成18(’06)年は『一剣』のみ。

「ファンのみなさんが“年末にいい結果になるように”と応援してくださり、スタッフの方も頑張ってくださって」

 オリコンのランキングには、50週以上も入り続けた。そして12月30日、きよしくんは『第48回日本レコード大賞』の大賞に輝いた。いうまでもなく歌謡界最高峰の賞であり、さらに演歌歌手の受賞は13年ぶりだった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)