藤竜也「もし女房がいなくなったら、人生終わってもいいと思っている」

藤竜也「もし女房がいなくなったら、人生終わってもいいと思っている」

藤竜也 撮影/廣瀬靖士

「今回演じたのは、昭和の男の代表のような不器用な男。監督から“世の中の女性に嫌われてください”と注文があったので、嫌な男だと思われたら本望だね」

 西炯子原作の漫画『お父さん、チビがいなくなりました』を実写映画化した作品で突然、熟年離婚を切り出される夫を演じた藤竜也(77)。自身の夫婦関係について聞くと、ちゃめっ気たっぷりにこう語る。

「うちも何度か離婚危機の気配はありましたけど、その話題に触れるとヤバい感じがして曖昧(あいまい)な感じで乗り越えてきました(笑)。夫婦円満の秘訣? 女房に惚れていることかな。“好きだよ”と言葉にすることはないけど、相手の人格をリスペクトすることは忘れない。あ、最近は寝る前に必ず手を握るようにはしているよ。この年になると、お互い目が覚めないかもしれないじゃない(笑)。だから生存確認の意味も兼ねて、触れ合うことで愛を確かめているよ」

 昨年5月にこの世を去った、星由里子さんの遺作となった今作。

「われわれの世代には星さんはスターだから、撮影中は“あの星さんが目の前に”と、共演できたのを感動していただけに、訃報には驚きました。でもこの年齢になると、もうしかたないと思うしかない。命はいつか終わるものだし、僕自身も最近はこれが遺作になるかもな、ぐらいのつもりで撮影に臨んでいます」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)