増税で需要減?超貴重になるであろう「令和元年」の1円玉と5円玉の製造枚数

増税で需要減?超貴重になるであろう「令和元年」の1円玉と5円玉の製造枚数

財布の1円玉、5円玉が高額取引される日はくるのだろうか

10月から消費税10%は実施されるのか──。リーマン・ショック級の出来事がないかぎり増税されるはずだが、改元前、自民党の萩生田光一幹事長代行が「違う展開はある」と話したため混乱を招いている。

 もし、消費税が10%に上がり、端数が出にくくなって使う機会が減りそうなのが1円玉と5円玉だ。

 令和元年の1円玉、5円玉はどれだけ製造されるのか。

 財務省の担当者によると、その年に製造する硬貨の枚数は毎年、年度初めに財務省が発表する。今年度の計画では1円が100万枚、5円が5600万枚(5月5日現在)となっている。

「流通動向や先行きなどを見越して最終的な枚数を決め発行します。1円、5円に関しては貨幣セット用の硬貨だけ製造し、流通用の製造はなかった年もあります」(財務省の担当者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)