張本勲、関口宏の「やりづらい」発言に鋭い眼光、直撃で飛び出した渾身の喝!

張本勲、関口宏の「やりづらい」発言に鋭い眼光、直撃で飛び出した渾身の喝!

直撃を受ける張本勲。「喝!」を彷彿とさせる鋭い眼光をみせた

「喝だ!!」

 日曜日の朝、テレビからこだまするおなじみの怒号。関口宏が司会を務める『サンデーモーニング』(TBS系)の人気コーナー“週刊御意見番”。

 約20年出演を続けている元プロ野球選手の張本勲が、その1週間に起きたスポーツの話題について、よい活躍には“あっぱれ!”、ミスや不祥事には“喝!”を入れてコメントするという同番組の名物コーナーなのだが、なんでも最近、暗雲が……。

「関口さんが周囲に愚痴をこぼすようになったんです。“最近の張本さんはやりにくい。楽屋裏でするような話をしないでほしい”とか。2人はもう20年の付き合いになりますが、今の張本さんにいろいろ思うところがあるようです」(芸能プロ関係者)

“週刊御意見番”は、32年の歴史がある番組の中でも約20年続いているが、当初は同じく元プロ野球選手だった“大沢親分”こと、故・大沢啓二さんも出演していた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)