TAKAHIROが実感した家族のあたたかみ「なくてはならない存在です」

TAKAHIROが実感した家族のあたたかみ「なくてはならない存在です」

TAKAHIRO 撮影/佐藤靖彦

「空き時間は、ほぼ釣りをしていました。ある日は地元のおじさんと2〜3時間くらい一緒に釣りをしたりして(笑)。ちゃんと島の日光を浴び、その土地の魚を食べ、地元の人と触れ合う。撮影以外の時間も、なるべく島の人でいられるように意識しました」

 EXILEのTAKAHIRO(34)が、島根県・隠岐島で撮影された映画『僕に、会いたかった』(5月10日(金)より全国ロードショー)で、長編映画単独初主演に。

 いつもの華やかなイメージから一転、無精ヒゲを生やした漁師役が新鮮!!

「撮影ではさらに黒いファンデーションを塗って。できあがった姿を初めて見たときは、自分でも“僕じゃないみたい”と驚きました。この格好でいると、全然気づかれないんですよ。釣りに出かけても、地元の人も“見ない顔だね”という感じで普通に受け入れてくれて(笑)」

 そう撮影のエピソードを楽しく話すTAKAHIROだが、今回の役どころはまったくの逆。事故により記憶を失った男・池田徹を演じ、劇中では言葉数も少なく、笑顔もない。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)