松岡修造の娘・稀惺かずと、宝塚の組配属で祖母と同じ星組に

松岡修造の娘・稀惺かずと、宝塚の組配属で祖母と同じ星組に

松岡修造と田口恵美子

宝塚歌劇団105期生の組配属が5月7日、同劇団から発表された。宝塚音楽学校の受験と時から注目されていたスポーツキャスター松岡修造(51)の長女、稀惺(きしょう)かずとは星組配属に決まり、男役スターへの道を歩き始めた。

 4月19日から宝塚大劇場で上演中の宙組公演中『オーシャンズ11』で初舞台を踏み、見事なラインダンスを披露している。

「5月27日までのこの公演は第105期生の初舞台であり、いわばお披露目公演。松岡修造はじめ、母親の恵美子さんや妹さんも稀惺の初舞台を観劇したそうで、SNS上でも話題になりました」(スポーツ紙記者)

 阪急東宝グループ創業者で、宝塚歌劇団の創設者・小林一三氏の玄孫(やしゃご)にあたる稀惺。修造の母で、祖母に当たる千波静も元タカラジェンヌで星組のトップ男役だ。

「千波静の姉・千波淳、妹・千波薫、さらにその娘・千波ゆう(松岡修造従妹)も、すべて宝塚の男役でした。静さんが星組だったので、稀惺も配属前から同じ星組になるのではと言われていました」

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)