各地で開催される「市」に30年通い続けてわかった、お金だけじゃない価値基準

各地で開催される「市」に30年通い続けてわかった、お金だけじゃない価値基準

山本志乃さん 撮影/北村史成

地方の町を歩いていると、通りでやっている朝市に出会う。野菜や花、魚や加工食品などを売る店が路上に並び、近隣の住民が買っていく。そこには、都会のスーパーや商店街では感じられない活気に満ちあふれている。

 本書の著者・山本志乃さんは30年にわたって、各地で開催される「市」を訪ね、そこに集まる人たちの話を聞いてきた。そのきっかけは?

「大学院のとき、千葉県大多喜町の朝市に行きました。私は市を勝手に雑然とした駆け引きの場ととらえていて、軽く“まけてくれない?”と聞いたら、売り手のおばさんに“だめだよ”って断られたんです。

 思い込みをくつがえされたことで探究心が湧いて、出店する農家に住み込んで一緒に市に出させてもらったんです。

 出店者の話を聞くほか、店にカセットレコーダーを置かせてもらい、店主と客の会話を分析しました。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)