丸山議員の「戦争」発言は昨年もあった!「小僧のような議員」の勇ましい勘違い

丸山議員の「戦争」発言は昨年もあった!「小僧のような議員」の勇ましい勘違い

丸山議員のツイッターより

「酒に酔っていたか酔っていないかは関係ない。まして国会議員のオフィシャルな発言だから許されません。そもそも酒のせいで思ってもいないことなど言うはずがないし、気が大きくなって日ごろから思っている議論を吹っかけたのだろう。全責任を取っていただきたい」

 とジャーナリストの大谷昭宏氏は憤る。

 北方領土を戦争で奪還する賛否を元島民に問うた丸山穂高衆院議員(35=大阪19区選出)が議員辞職を拒んでいる。

 日本維新の会を除名されても、野党6会派から議員辞職勧告決議案を提出されても反省の色はなし。同決議案についてツイッターで〈可決されようがされまいが任期を全うする〉と宣言し、そのくせ国会を休むという始末の悪さだ。

 衆院沖縄北方問題特別委員会委員の丸山氏は11日、ビザなし交流訪問団に顧問として同行し国後島を訪れ、取材を受けていた元島民の団長(89)に酒に酔って絡むと、「戦争でこの島を取り返すのは賛成か反対か」「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと、しつこく食い下がった。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)