市川流「三代襲名」に隠された思惑、海老蔵「東京五輪で親子舞踊」の野望

市川流「三代襲名」に隠された思惑、海老蔵「東京五輪で親子舞踊」の野望

三代襲名披露の記者会見に登場した、左から市川ぼたん、堀越麗禾、海老蔵

「私にとりましても、父にとりましても、麻央にとりましても、本当にうれしいこと」

 そう笑顔で語ったのは、市川海老蔵。5月12日、海老蔵の長女・麗禾ちゃんが、四代目市川ぼたんを襲名することが発表された。市川ぼたんとは、日本舞踊市川流の名跡だ。

「歌舞伎界の舞踊といえば、花柳流や藤間流などが有名ですが、各々の屋号が舞踊の流派を持っているケースも少なくないんです」(梨園関係者)

 市川流は市川團十郎家が始めた日本舞踊で、現在の家元は海老蔵となる。

「今回の三代襲名では、十二代目市川團十郎さんの妹で、海老蔵さんの叔母にあたる二代目市川紅梅が、総代として初代市川壽紅を襲名。海老蔵さんの妹で、三代目市川ぼたんが四代目市川翠扇を襲名します」(スポーツ紙記者)

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)