有村藍里らの「整形カミングアウト」ブームに高須院長が待ったをかけるワケ

有村藍里らの「整形カミングアウト」ブームに高須院長が待ったをかけるワケ

“輪郭形成・骨切り術”を受ける前の有村藍里

今年3月3日、有村架純(26)の姉でタレントの有村藍里(28)が「気になる口元を変えたい」と、あごまわりの骨を切り、動かす、“輪郭形成・骨切り術”という整形をしたことを自らのブログで告白。同日には、人気ドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で、その様子に密着した内容が放送されるなど、テレビでもネット上でも大いに話題になった。

 4月にはタレントの水沢アリー(28)が『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演し、デビュー直前に整形していたこと、整形回数は「把握してないぐらい」などと告白。

 また最近は、YouTuberやSNS美女が整形をカミングアウトする事例も激増している。例えば、現役アイドル・明治は美容整形に総額700万円をかけたと公にし、総額1000万円をかけたというYouTuberの整形アイドル轟ちゃんは「私は“普通の人”になりたかった」という切実な思いを語って共感を呼んだ。

 このような動きを見ると、女性の間では美容整形が「前向きになるための手段」という認識に少しずつ変わってきているようにも思える。

 はたして、整形はオープンにするべきものなのか? また、整形で幸せになる人・ならない人の違いは? 美容整形外科「高須クリニック」高須克弥院長に話を聞いた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)