SHOKICHI デビュー10年目、一歩ずつ確実に積み上げてきたキャリアと自信

SHOKICHI デビュー10年目、一歩ずつ確実に積み上げてきたキャリアと自信

EXILE SHOKICHI 撮影/廣瀬靖士

アリーナツアー『EXILE SHOKICHI LIVE TOUR 2019 “UNDERDOGG”』開催
6月29日長野ビッグハットから6都市8公演!

「アルバムのタイトル『1114』は、前作のファーストソロアルバム『THE FUTURE』をリリースしてからの日数です。この1114日という時間で、密に音楽と向き合い、アーティストとしてすごく成長させてもらえたように感じています」

 EXILE、EXILE THE SECONDのメンバーとして活躍を続けるSHOKICHI。音楽と向き合えたと語る期間には、数々の楽曲を手がけたEXILE THE SECONDのアリーナツアーを成功させ、EXILEのドームツアーを完走した。

「初のソロアルバムをリリースしたときから、次の目標は2枚目のソロアルバムでツアーに挑戦することでした。ひとりで約2時間半のステージをするには、いろいろなジャンルの音楽でEXILE SHOKICHIを表現する必要があると思いましたし、それが僕自身のスタイルでもあるなと感じたんです」

 ソロでのツアーステージを見すえ、アップテンポなダンスナンバーから、ピアノの弾き語りで聴かせるバラードまで、さまざまな表現を詰め込んだ。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)