動物園に子犬20匹が捨てられて──飼育員の叫び「捨てるなら増やすな!」

動物園に子犬20匹が捨てられて──飼育員の叫び「捨てるなら増やすな!」

4月27日に職員通用口に捨てられていた子犬とドッグフード

《どうしてこんなことができるのか……悲しい? 悔しい? もう表現できない、言葉にできない感情でぐちゃぐちゃです。(中略)今日、犬を捨てた人間に言いたいです。絶対に許さない。絶対にこのままじゃおかない》

 栃木県宇都宮市北部の民間「宇都宮動物園」で犬やカピバラなどを担当している飼育員の室井晶さん(27)は、その日の園のブログに「許さない」と過激なタイトルを打って、こう書き込んだ。ブログは大きな反響を呼んでいる。

 室井さんは4月27日午後7時55分ごろ、同園裏手の職員や業者だけが出入りする通用口脇に子犬9匹が捨てられているのを見つけた。いずれも生後2〜3か月のレトリーバー系だった。糞尿用シートの大きな段ボール箱2つに入れられ、ドッグフードが添えられていた。成犬用の安価なエサだった。

「たぶんラブラドールレトリーバーとゴールデンレトリーバーのミックス犬だと思います。命あるものを捨てる、放置していくことに憤りを感じました。子犬たちはみな震えていて、手を差しのべただけで、怯えて甲高い悲鳴をあげたり、おしっこを漏らす子もいた。人間不信が大きいと感じました。エサを見せると興味を持って近づいてくるものなんですが、みんなで固まって遠ざかろうとするんです」

 と室井さんは振り返る。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)