祖母のひと言で受けたショック、徹底的な取材のうえで構築された“認知症”の物語

祖母のひと言で受けたショック、徹底的な取材のうえで構築された“認知症”の物語

川村元気 撮影/山田智絵

本作は小説、映画、音楽など多岐にわたる分野で才能を発揮する川村元気さんの4作目の小説。息子を忘れていく母と、母との思い出を蘇らせていく息子の愛と記憶とひとつの事件の物語だ。まずは作品作りの経緯について伺った。

「5年前に認知症になった祖母に久しぶりに会ったら『あなた誰?』と言われたんです。当時、僕は35歳でしたが、ショックを受けたのと同時に『あなた誰?』に対して答えられない自分に混乱しました。

 何と言ったら自分というものを証明できるのかがわからなかった。自分の名前や仕事、好きな色や食べ物、はたしてそれが自分の証明なのかと問われると自信がない。さらに言えば、祖母が僕を忘れてしまったら、祖母と自分は親族なのかと。仮に僕を忘れてしまったのが母であったら、自分と母の関係を何が証明してくれるのか……。そこが執筆の入り口でした」

 その後、祖母と会うたびに、自分と祖母との思い出を話していったと語る川村さん。

「こういう場所に行った、こういうものを食べたといった話を重ねていきました。祖母は僕のことを思い出したり、忘れたりとまだらな状態でしたが、一緒に海に行ったエピソードを話したら、それは湖だと訂正されたんです。『そんなことないよ』と、その場では否定したのですが、自宅に帰って写真で確認してみると、祖母が言っていたほうが正しかった。これには驚きました。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)