声優・増田俊樹、周りからは「めんどくさい人間」と思われている!?

声優・増田俊樹、周りからは「めんどくさい人間」と思われている!?

増田俊樹

2009年に2・5次元の舞台『ミュージカル テニスの王子様』で俳優としてデビューを果たし、2011年からは声優としての活動を本格化させているのが増田俊樹さんだ。

「高校3年生で進路について悩んでいたときに、当時好きだったゲームやアニメに関わる仕事に興味を持ちました。

 中でも“芝居”の分野にとても感銘を受け、“1度きりの人生だし、好きなことをやろう!”と思い役者を志しました」

 今は声優という肩書がメインだが、「あまりとらわれず、さまざまなことに挑戦させてもらっています。そのなかでも、舞台は役者としてデビューしたステージなので、芝居の原点やこの仕事をするうえで大事にすべきことを教えてもらった場所だという思いが強いです。全身を使ってぶつかり合う芝居は舞台ならではで、とても興奮します」

 さらに’19年3月には個人名義のCDをリリースし、音楽活動もスタート。「僕がこうして幅広くお仕事をさせていただけるのも、先輩方のおかげです」と話す。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)