小嶺麗奈の元カレ働くサパークラブ、薬物入手に使われる「六本木ルート」

小嶺麗奈の元カレ働くサパークラブ、薬物入手に使われる「六本木ルート」

5月22日、東京湾岸警察署に車で移送される小嶺容疑者

今回、田口淳之介と小嶺麗奈を逮捕した“麻取”。正式名称は『厚生労働省 地方厚生労働局 麻薬取締部』であり、警察ではない。ピエール瀧被告を逮捕したのも、同じく麻取だった。

「警察との違いは、組織の成り立ちと歴史ですが、捜査手法に大きな違いはありません。麻取も警察と同じように拳銃を持ち、逮捕権があります」

 そう話すのは、元麻薬取締官の小林潔氏。今回は麻取による10年以上の内偵捜査による賜物との報道もあるが、

「そんなに時間をかけることはありません。警察より予算も組織力もないですから。基本的に麻取は、情報が入ればすぐに捜査して、逮捕できるとなれば家宅捜索をします」(小林氏)

 これまでも麻取による有名人逮捕の実績は少なくない。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)