玉木宏、ドラマ『スパイラル』打ち上げを沸かせた「豪華景品」と「涙のスピーチ」

玉木宏、ドラマ『スパイラル』打ち上げを沸かせた「豪華景品」と「涙のスピーチ」

'19年ドラマ『スパイラル〜町工場の奇跡〜』の打ち上げに参加した玉木宏

1週間の始まりということで憂鬱な月曜日の夜を、スカッと元気にさせてくれるドラマ『スパイラル〜町工場の奇跡〜』(テレビ東京系)。天才的な発明家だった創業者が急逝し、倒産危機に陥った下町の町工場を、エリート銀行員から転身したひとりの企業再生家が立て直していく、累計250万部を超えるベストセラー『ハゲタカ』シリーズのスピンオフ作品を映像化したヒューマンドラマだ。

 エリート銀行員からやり手の企業再生家に転身した主人公・芝野健夫を演じるのは玉木宏。ほかにも、貫地谷しほり、戸塚純貴、福士誠治、國村隼らが出演している。

 今回の撮影で、特に男性俳優陣は親睦を深めていたようだ。

「撮影の合間に戸塚さんが持ってきたけん玉がきっかけで、福士さんも、けん玉の技を披露したところ、現場でけん玉ブームが起きたんですよ。玉木さんにいたっては、マイけん玉を購入したそうですよ」(テレビ東京関係者)

 5月中旬のある夜、そんな話題のドラマの打ち上げが、最終回よりもひと足先に港区内のパーティースペースで行われていた。

続きは週刊女性PRIME で

1

関連記事(外部サイト)